全国のアルバイト情報、求人張り紙を探せる!

家具・インテリア・雑貨のアルバイト・パート求人4,369件掲載中!

家具・インテリア・雑貨のアルバイトを人気のエリアから探す

家具・インテリア・雑貨のアルバイトを都道府県から探す

家具・インテリア・雑貨のアルバイトをから探す

いつの時代も家具・インテリア・雑貨に関するアルバイトは、多くの人を惹きつける魅力を持っています。

しかしその仕事内容は大変なものとなっていて、ときには挫折さえ促すものとなりがちなのです。

そこで今回は家具・インテリア・雑貨のアルバイトの基本情報と、おすすめのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

バイト探しを行っているのなら、内容をチェックして応募につなげてみてはいかがでしょうか。

事前準備はそのバイトを継続する要因になり得るので、しっかりと働き続けるためにもぜひ確認しておいてください。

家具・インテリア・雑貨の主な仕事内容

家具・インテリア・雑貨を取り扱うバイトでは、他の職種にはない特別な仕事を任されることもあります。

そのときになって慌てることのないように、あらかじめ考えられる仕事内容をチェックしておきましょう。

慣れてくれば比較的気軽にこなせるものが多いので、最初の時期を上手く乗り越えることができれば安心して働けます。

いつもバイトを始めてから挫けてしまうという人は、こちらで仕事内容の基本を知り、頭の中でイメージトレーニングを行っておくことがおすすめです。

商品の品出し・入れ替え

家具・インテリア・雑貨のバイトでは、商品の品出しや入れ替えが基本的な仕事となります。

特に小さめの商品を扱っているお店では、こまめな商品整理が重要な業務となるでしょう。

逆に大きな商品の場合はそれほど頻繁に入れ替えることはありませんが、いざ売り場を変えるときには大変な労働が必要となります。

これから応募するお店の傾向をチェックして、どのくらいのペースで品出しや入れ替えが行われるか想像しておくといいでしょう。

日用品とは違い、家具・インテリア・雑貨の商品は基本的に売れなければ商品を補充することはありません。

しかし季節や流行シーズンによっては、ちょくちょくと商品の変更が行われるようです。

家具・インテリア・雑貨のバイトは楽そうに見えるかもしれませんが、時折そういった大規模な仕事が降ってくる可能性は考慮しておきましょう。

レジ業務

これもまた家具・インテリア・雑貨バイトの基本的な業務であり、まず最初に覚えさせられる仕事となるでしょう。

内容としてはコンビニやスーパーといったバイトと変わりませんが、商品の梱包がそこに加わることになります。

特殊な形状や壊れ物注意の商品を販売するお店のときは、レジと同時に梱包の練習を意識して行っておくといいでしょう。

混雑することが少ないお店の場合、なかなかレジを覚えられないといった事態も考えられます。

これまでレジ経験がないという人は、暇な時間に練習できるように志願するのがおすすめです。

商品配置や仕入れる商品の考案

家具・インテリア・雑貨業界は、商品の魅せ方1つで売り上げが変わってしまうほどシビアな世界です。

そのためときには、商品の配置や仕入れるアイテムについて意見を求められることがあるかもしれません。

それは気軽な相談である場合もあれば、正式な業務の1つとして依頼されることもあります。

いずれにせよいつそういった話をフラれてもいいように、自分の中で商品についてのアイデアや考え方を固めておくといいでしょう。

商品管理や店内の清掃

いかに商品を良く魅せるかが、家具・インテリア・雑貨の仕事においては重要なポイントとなります。

そのためバイトは常に商品の管理と、店内の清掃を意識して行う必要があるでしょう。

例えばお客様が購入しようとした商品が壊れていたり、汚れていたりといったことがあれば、お店の評判は低下することになります。

そういったことを未然に防ぐことも、バイトの仕事となっているのです。

また取り扱っている商品によっては埃や手垢がつきやすいことがあるので、こまめに清掃していくことが求められます。

お店全体を管理できるように、バイト中はあらゆる場所に目を光らせていきましょう。

家具・インテリア・雑貨のアルバイトで身につくスキル

家具・インテリア・雑貨のアルバイトを続けることは、ある種のスキルを身につけることにもつながります。

そういったスキルの存在はモチベーションにもなるので、この機にチェックをしておきましょう。

そのスキルが自分の将来に関係すると思えるのなら、意識して習得を目指すのもおすすめです。

繊細な商品の取り扱い

家具・インテリア・雑貨のバイトでは、壊れやすい繊細な商品を販売することが多いです。

そのため仕事をしていくうちに、自然とそういった繊細なものを上手に扱えるようになるでしょう。

手先だけでなく「大切に扱わなくちゃ」という意識を育てることができるので、将来的に大きな変化を受けることになるかもしれません。

その変化は丁寧な接客やコミュニケーションにつながる可能性さえあるため、積極的に得たいスキルだといえますね。

乱暴にものを扱ってしまう人や、大ざっぱに管理してしまう人も、家具・インテリア・雑貨のバイトをきっかけにそういった行動が直る可能性もあるでしょう。

セールストークが身につく

家具・インテリア・雑貨のバイト中には、さまざまなお客様と会話をする機会に恵まれるでしょう。

そういった環境は自然と「話す力」を養い、セールストークのスキルを鍛えることになります。

話し下手に悩んでいる人は、あえて家具・インテリア・雑貨のバイトに挑戦するのもいいですね。

家具・インテリア・雑貨といった商品は、「買う!」と決断するのにそれなりの勇気が必要となります。

そんな人の背中を後押しするのが、店員によるセールストークであることも珍しくはないのです。

仕事の成果にも関係するので、家具・インテリア・雑貨のアルバイトをするのなら意識してトークスキルを磨いていくことをおすすめします。

商品のアピール方法

家具・インテリア・雑貨のバイトを続けていくと、商品をどう見せれば買ってもらえるのか、どの位置に置けば目立つのかが自然と理解できるようになります。

そういったアピールのスキルを学べるのも、バイトをする際のメリットとなるのです。

ただ置くだけで買われるような商品はごく一部であるため、基本的には店員が積極的にアピールしていく必要があります。

それは他の接客業や販売業にも活かされていくので、家具・インテリア・雑貨の仕事をするのならぜひ身につけておきたいスキルとなるでしょう。

家具・インテリア・雑貨のアルバイトのおすすめポイント

さまざまな商品と触れ合える

家具・インテリア・雑貨のバイトでは、非常にたくさんの商品と触れ合うことになるでしょう。

それは常に刺激的な環境を楽しめるということでもあるので、日常に変化や新鮮さを求める人にはピッタリとなります。

SNSとの連動を許してくれるお店でなら、「こんな商品があるんだよ!」と友だちに自慢することができるかもしれません。

決まったアイテムばかりを売ることに飽きているのなら、家具・インテリア・雑貨のバイトに応募してみてはいかがでしょうか。

センスを磨けるかも?

美的センスや販売センスを磨けるのも、家具・インテリア・雑貨のアルバイトが持つ魅力となっています。

自分自身のなかに確固たるセンスを身につけたいのなら、すぐ近くにアーティスティックな商品を置いておけるバイトを探してみることがおすすめです。

センスは鍛えることが難しく、それを正確に計るバロメータさえないのが現状でしょう。

しかし家具・インテリア・雑貨のバイトを経験しておけば、そのお店にある商品や配置が自分のセンスの基準となるので、明確な目的を持って感覚を磨いていくことができるかもしれません。

他のバイトにはない特殊なセンスを知るきっかけになることも、家具・インテリア・雑貨のアルバイトがおすすめされるポイントになっているのです。

家具・インテリア・雑貨のアルバイトが向いているのはこんな人

家具・インテリア・雑貨のアルバイトがどんなものなのか、少しはご理解いただけたでしょうか。

それでは最後に、家具・インテリア・雑貨のバイトに向いている人を紹介したいと思います。

家具・インテリア・雑貨はたしかに魅力的な仕事ですが、向いていない人にとっては苦痛な時間となるかもしれません。

あらかじめ自分とバイトの相性が良いかどうか、こちらで確認しておきましょう。

ものの良さを伝えるのが好きな人

家具・インテリア・雑貨のバイトをするのなら、最低でも「もの」に対する愛情や興味が必要となります。

さらに「この商品の良さを伝えたい!」と考えられる人こそ、こういったバイトに向いているといえるでしょう。

もちろん「インテリアや雑貨が好き!」ということもバイト時には大きなメリットとなりますが、それだけでは実際の仕事に活かすことは難しいです。

「この商品はどうして魅力的なのだろう?」「どうやったら相手に伝わるだろう?」といったことを突き詰める自信があるのなら、家具・インテリア・雑貨のバイトをおすすめします。

ものづくりに興味がある人

ものづくりに興味があり、将来何かを製作する仕事に就きたいのなら、家具・インテリア・雑貨のバイトを経験しておくことはメリットとなるでしょう。

近年は特に大量生産を前提とされた商品であっても、魅力的なデザインを採用していることが多くなっています。

そのためあらゆる商品を観察して触れることが、自分のものづくりを良いものとするきっかけになるかもしれません。

ものづくりが好きなら、常にさまざまな商品に囲まれる職場にも、ストレスを感じにくいでしょう。

自分の特性を少しでも職場に活かすことを考えるのなら、家具・インテリア・雑貨のバイトは有力候補になりますね。

落ち着いて仕事をしたい人

家具・インテリア・雑貨のバイトの多くでは、比較的落ち着いた環境が整っています。

忙しくレジを叩いたり、店内を駆けまわったりする仕事に苦手意識を持つのなら、インテリア系のバイトが向いているのかもしれません。

逆にいえば「せわしなく動いていないと嫌だ」「仕事を次々に処理していくことが面白い」と感じる人は、バイトの継続が難しくなるでしょう。

もちろん家具・インテリア・雑貨のバイトも時期や時間帯によっては、忙しく立ち回ることが求められます。

しかしどちらかといえばスピードよりも丁寧さが重視されることが多いので、むしろ常に冷静で落ち着いていられる人の方が評価されるでしょう。

じっくりと仕事をこなしていきたい人には、家具・インテリア・雑貨のバイトがおすすめされますね。