全国のアルバイト情報、求人張り紙を探せる!

本・CD・DVDのアルバイト・パート求人1,740件掲載中!

本・CD・DVDのアルバイトを人気のエリアから探す

本・CD・DVDのアルバイトを都道府県から探す

本・CD・DVDのアルバイトをから探す

本・CD・DVDを取り扱うアルバイトは、今でも人気の職種となっています。

特にそういったコンテンツに興味がある人や、接客業での仕事をしたいという人は、この機にアルバイトの基本をチェックしてみることがおすすめです。

本・CD・DVDといった商品を取り扱った経験は、その後にも活かされることがあります。

自分にとって少しでもプラスになるようなアルバイトに応募して、ぜひ今後につなげていきましょう。

本・CD・DVD販売の主な仕事内容

本・CD・DVDのアルバイトは販売する「もの」こそ違いますが、基本的な仕事内容は同じ部分が多くなっています。

そのためこれからバイトを始める人は、あらかじめ仕事内容を把握しておくことで実際に働くときに応用を利かせることができるでしょう。

販売業の経験がない場合、仕事内容を何も知らないままだと当日にミスを重ねる可能性もあります。

それは自身の評価を下げることになるため、この機に想定される仕事の流れを確認しておくことがおすすめです。

商品の管理

本・CD・DVDを取り扱うバイトの場合、店舗内の商品管理がメインの仕事となります。

発注から搬入、店内への陳列や補充などは、バイト中常につきまとうことになるでしょう。

迅速かつ正確な仕事が求められるため、最初は商品管理に戸惑うことが多いかもしれません。

実際この商品管理が難しいせいで、バイトを辞めてしまうという人も珍しくはないのです。

上手く仕事が回せないと思ったときは、恥かしがらずに先輩や同僚にサポートをお願いするのがポイントとなります。

協力して仕事をすることができれば、そこに発生する労力や時間を削減することができるでしょう。

それは次の仕事に手を付けることを早めてくれるので、スムーズに働く「流れ」を作ることができるのです。

レジでの作業

本・CD・DVDをお客様に売ることも、バイト中の重要な仕事となります。

そのためバイトを始めた早い段階から、レジでの作業は教え込まれることになるでしょう。

スーパーのレジなどとは違い、1度に多くのお客様を相手にすることはありませんが、その代わりに予約商品や限定品など特殊な販売を任されることは増えます。

他のバイトよりも臨機応変な対応がコツとなるので、どんな注文が来ても慌てずに接客するようにしましょう。

また本・CD・DVDを取り扱うお店の中には、新品だけでなく中古品を販売することもあります。

その場合はレジの作業が増えるだけでなく、商品の買取り業務がプラスされることになるため、応募前にそのお店で中古の商品が売られていないかチェックしておきましょう。

店内での接客

本・CD・DVDという商品はどれもたくさんの数があり、常に新作が追加されていく忙しい業界です。

そのため店内での接客も、バイトを行う際には重要な仕事となるでしょう。

「○○という本を探している」「○○のCDを予約したい」といった注文が連続で来ることも多いです。

豊富な商品知識が必要となる可能性が高いので、できるなら少しずつでもお店の商品について勉強していくことがおすすめされます。

また当然ながら接客中は丁寧で正しいマナーが求められるため、いい加減な対応をするとクレームに発展する可能性があるでしょう。

1人1人のお客様に誠意を持って対応することを意識して、接客によるトラブルを起こさないように注意してください。

本・CD・DVD販売のアルバイトで身につくスキル

本・CD・DVD販売のバイトを続けていくと、その大変さに見合ったスキルが身についていく可能性があります。

それは将来就職したとき、仕事の進め方や上司とのコミュニケーションに役立つことがあるので、ぜひ意識してスキルを手に入れていくことがおすすめです。

本やCD、DVDといったジャンルは、意外なほど専門知識が必要とされる場面が多くなります。

そのため単純に一生懸命働くことが、自然と特別なスキルの習得につながることもあるのです。

給与以外の部分にもメリットを求めるのなら、以下のようなスキルを意識しながら働いてみてはいかがでしょうか。

商品を覚える能力

本・CD・DVDを販売するには、ある程度取り扱っている商品知識について詳しくなる必要があります。

しかしその数はあまりにも多く、さらに今度もどんどん増え続けることになっているので、働いていくうちに上手に商品を覚えるスキルが身につくことになるでしょう。

すべてを暗記するのではなく、そのシーズンに重要な知識を優先して覚える能力が発達していくため、その後別のバイトに移ったとしても経験が腐ることはありません。

むしろ非常に応用の利くスキルであるといえるので、本・CD・DVD店で働くのなら商品を覚えるためのスキルは努力してでも磨いていきましょう。

接客の基本技術

本・CD・DVDを販売するバイトであるかぎり、やはり接客に1番時間を使うことになるでしょう。

そのため働けば働くほど、接客のスキルがその身に実感できるようになるのです。

特に基本的な技術に関しては、バイトの過程が習得のきっかけになってくれるでしょう。

非常に幅広い年代がお店を訪れるため、さまざまなタイプを相手に接客することになります。

その結果対応方法や直感力が鍛えられ、よりレベルの高い接客が行えるようになるのです。

接客の仕事に自信がないという人は、あえて本・CD・DVD系のバイトに応募してみるのもいいかもしれませんね。

POPなど商品を目立たせるスキル

ただ置いておくだけで商品が売れるほど、現代の本・CD・DVD業界は甘くはありません。

そのためバイトは、POPなどによって売りたい商品をアピールする技術が求められるのです。

いかにその商品の良さを伝えるか、どうやったら興味のない人に買ってもらえるか、仕事をしていくとそういったことを考える能力が身につきます。

ロジカルに働く基礎が育っていくため、より頭を使った仕事ができるようになるでしょう。

POPは美術の知識や文章力が必要となる分野でもあるので、仕事として触れていくうちに自分の中で新しいセンスが生まれていくかもしれません。

そういったセンスは1つ上の仕事をするきっかけにもなり得るため、本・CD・DVDを取り扱うお店でバイトをするのならPOP作成には積極的に関わっていくことをおすすめします。

本・CD・DVD販売のアルバイトのおすすめポイント

本・CD・DVD販売のバイトを続けることには、さまざまなメリットがあります。

お金を稼ぐだけではつまらないといった人は、以下のおすすめポイントをチェックしてみましょう。

それらのポイントを知っておくことは、継続したバイトにつながっていきます。

普段からモチベーションの維持に難しさを感じているのなら、本・CD・DVDのメリットをぜひ確認しておいてください。

流行をすぐに知れる

本・CD・DVDは、ある意味で流行を売る仕事でもあります。

そのため働いていると、そのジャンルの最先端をすぐに知ることができるでしょう。

ときにはまだ流行っていないけれど、これから業界全体でプッシュしていく作品を事前に把握することができるかもしれません。

そういった業界の流れに近づけることは、本・CD・DVDで働く1つのメリットだといえますね。

もちろん流行とは外れた位置にある商品も、仕事をするうえでは大事なポイントとなります。

流行を知りながら同時に定番商品も管理していくバランス感覚が、バイトの際には求められることになるでしょう。

本・CD・DVD販売のアルバイトが向いているのはこんな人

では本・CD・DVD販売のバイトは、どんな人に向いている仕事なのでしょうか。

興味があるけれど働けるかどうか不安だという人は、以下の要素が自分にあるかどうか確認してみることがおすすめです。

自分の特性とバイトに求められている能力が一致するのなら、自信を持って仕事に応募することができるでしょう。

もちろん以下に当てはまらない場合でも、本・CD・DVDの業界で仕事をすることは可能です。

そういったときは以下のポイントを1つの目安にして、少しずつ近づいていけるように意識してみるといいでしょう。

大好きな作家やアーティストがいる

大好きな作家やアーティストがいるのなら、その情熱は本・CD・DVDのバイトに活かすことができるでしょう。

その人や作品の知識なら誰にも負けないといった自信がある人は、それらを扱うお店で働くことがおすすめされます。

世間的に認められている作品でも、マニアックな人しか知らないようなニッチなジャンルでもOKです。

とにかくそのコンテンツを好きだという気持ちがあるのなら、本・CD・DVD販売に向いている人材だといえるでしょう。

バイトの面接では具体的なアーティスト名を挙げて、どれだけ好きなのかをアピールしていくことが合格のコツです。

無関心な人に働いてもらうよりも、熱意を持って仕事をしてくれる人を雇う方が、お店にとってもメリットは大きくなります。

そういった事情を上手く利用して、本・CD・DVDでのバイトを始めてみてはいかがでしょうか。

新しい知識を吸収することを楽しめる

基本的に本・CD・DVD販売のバイトは、常に新しい知識を吸収することが求められます。

そのため商品知識を勉強していくことを楽しめる人は、これらのバイトに向いているといえるでしょう。

「新しいことを覚えるのが面倒だ」「最新の流行を好きになれない」といった人は、仕事を続けるのが難しくなるかもしれません。

また仕事に必要な知識はテストなどで強制されるわけではないので、自分から積極的に吸収していく姿勢が必要となります。

受け身でいるといつの間にか知識不足に陥ってしまう可能性があるので、バイトをすると決めたのなら自主的な情報収集を意識していきましょう。

商品知識を誰かのために使うことができる

本・CD・DVDに関する知識は、自分の中に貯めこんでいるだけでは意味がありません。

お客様や職場の仲間に向かって発信できて、初めて有益なものとなるのです。

そのため商品知識を誰かのために使うことができるという点が、本・CD・DVDの仕事に向いているかどうかを判断するポイントになるでしょう。

商品の知識を得ただけで満足してしまう人や、上手に知識の中身を伝えられない人は、仕事をするうえで少し苦労するかもしれません。

本・CD・DVDのお店で働くのなら、知識をスムーズに引き出して利用することを忘れないようにしましょう。

難しく感じる人は、普段から好きなものや日々の出来事を伝えることを意識して、練習を重ねることをおすすめします。

友達や家族に話したり、SNSで発信したりといった日常的なことだけでも、少しずつ知識を利用する感覚が身についていくでしょう。

プレゼンテーション技術の強化にもつながるので、将来の仕事にまで役立てることができるかもしれませんよ。