ホームヘルパーのお仕事

ホームヘルパーのアルバイト

高齢者や障害者の生活支援と思いやる仕事!
ホームヘルパーのアルバイトの特徴
  • 介護や医学の知識や技術が身に付く
  • 手際良く行動する事ができるようになる
  • 働きながら介護業界のキャリアアップに繋がる
  • 思いやりを持った会話スキルが身に付く
  • 体力、精神的に自分の成長に繋がる

ホームヘルパーのアルバイト・パートを探す

  • 仕事内容

    介護と聞くとホームヘルパーや介護士といった職種を思い浮かべるでしょう。どちらも高齢者や身体に障害を持つ人の生活の支援を行う仕事です。
    ですが、ホームヘルパーであれば認定資格で十分ですが、介護士では国家資格が必要になります。

    ホームヘルパーには主に訪問介護とデイサービスの2種類があり、訪問介護では利用者の家の掃除や食事の支度から介助、排泄や歩行介助などが主な業務です。
    デイサービスでは利用者を車で迎えに行き、施設で入浴や昼食、レクリエーションなどで介助します。
    介護士は医学的な専門介護知識を持ち、介護施設や在宅で介護をする仕事です。食事や入浴、排泄などの介助を行い、利用者自身が自立した生活の支援が業務になります。

  • 身につくスキル

    介護や福祉に関する知識や技術を身に付ける事ができます。
    ホームヘルパーや介護士は生活支援の他に、利用者やその家族への相談やアドバイスの仕事も欠かせません。
    的確なアドバイスを送るためにも、常に知識や介護技術の向上心は必要です。
    生活支援が中心なので、物事の手際良く行動ができる能力アップにも繋がります。

    そして実務経験を積むごとに、相手が何を思って話しているのか気持ちを汲み取るコミュニケーションスキル向上も期待できるでしょう。
    このコミュニケーション能力は利用者やその家族と良好な関係を築くために、瞬時に対応を判断する力になります。
    また、ケアマネージャーへのステップアップや介護業界でのキャリアアップに繋がるスキルを身に付ける事が可能です。

  • おすすめポイント

    介護を仕事にする人は、人の役に立つというやりがいがあります。
    利用者や家族にお礼を言われると、きつい仕事でも喜びとやりがいを感じる方も多いです。
    さらに、人の世話をする仕事なので自分の責任能力も欠かせません。
    思いやりを持って仕事ができるという事が、ホームヘルパーや介護士の一番のやりがいだと言えるでしょう。

    そして、ホームヘルパーは介護の専門知識を身につけて認定資格を得る事で仕事に就く事が可能です。
    介護士は国家資格が必要ですが、近年は少子高齢化の影響でホームヘルパーを含めて介護業界の重要性が高まっています。
    なので、再就職であっても仕事先が多い事がメリットです。そして、働きながらキャリアアップする事ができるのも魅力だと言えます。

  • こういう人に向いてます

    ホームヘルパーや介護士は体力や精神力がある人が適しています。
    介護の仕事はとてもハードで、基本が立ち仕事なのである程度の体力が必要です。
    さらに、利用者の中には文句を言ってくる方もいるので、精神的につらい思いをする事も少なくありません。
    ですから、心身共に強い人が向いていると言えます。

    そして、人の世話をする事から思いやりを持った行動ができる人が介護職に向いています。
    介護には利用者や家族との信頼関係も大切なので、会話する事や人の世話が好きである事が大切です。
    思いやりを持てば利用者も心を開いてくれるので、やりがいを感じるでしょう。
    また、キャリアアップを望むのであれば介護や医学知識などの向上を心掛ける人も適していると言えます。