全国のアルバイト情報、求人張り紙を探せる!

薬剤師のアルバイト・パート求人1,224件掲載中!

薬剤師のアルバイトを人気のエリアから探す

薬剤師のアルバイトを都道府県から探す

薬剤師のアルバイトをから探す

ドラッグストアや街の薬局で薬の処方をおこなう薬剤師。

薬剤師の仕事は、正社員としてどこかに勤める選択肢もあれば、アルバイトで働くという選択肢もあります。

今回の記事では、薬剤師のアルバイトとして働くメリットについて紹介していきます。

アルバイトという働き方に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください!

薬剤師の主な仕事内容

アルバイトとしての仕事内容は、働く場所によって異なるケースが多いです。

そもそも、どのようなところがアルバイトの求人を出しているのでしょうか。 様々な施設が募集をしていますが、以下のようなところがメインです。

  • 薬局
  • 病院・診療所
  • 製薬会社
  • ドラッグストア

病院や薬局が基本的なケースではありますが、ドラッグストアや製薬会社の求人も年々増えてきています。

それでは具体的な業務内容について見ていきましょう。

1.薬局や病院・診断書の場合

  • 調剤業務:意志が出した処方箋にもとづいて薬を調合する
  • 服薬指導:薬の情報や飲み方について指導する
  • 薬歴管理:患者が服用した薬やアレルギーなどの確認する
  • 疑義照会:処方箋の内容について疑問がある際に意志に確認する

※ 病院・診断書で働く場合、注射や点滴の調剤や管理もおこなう

2.製薬会社の場合

  • 医薬品の研究・開発
  • 治験の説明
  • 医薬品のデータ管理

3.ドラッグストアの場合

  • 医薬品の提案・販売
  • 店舗運営(場合による)

薬剤師のアルバイトで身につくスキル

アルバイトの業務内容についてご紹介しました。 続いて、アルバイトで身につくスキルについて見ていきましょう。

1. 薬剤師としての専門的な知識・スキル

そもそも資格を持っていないとできない職業柄、求められるレベルはアルバイトであろうと高いです。 どの施設においても、正社員として働くのと同じような業務を任せられます。

正社員同様の業務に携わっていく中で、医薬品に関する知識を増えていくことはもちろん、病院や診療所で働く場合は、医療活動により深く関わるため、医療行為に関する知識も身につけることができるでしょう。

2. コミュニケーション能力

薬局や病院、ドラッグストアで働く場合、患者さんに医薬品の説明をおこなう業務があります。

医薬品という身体にかかわるものだからこそ、患者さんの中にも不安を感じている人も多くいます。 そこで重要なのが、患者さんに対して医薬品をわかりやすく伝えて、安心してもらうことです。

薬剤師として働く中で、相手にわかりやすく伝えるというコミュニケーション能力を磨くことができるでしょう。

薬剤師のアルバイトのおすすめポイント

どのような仕事をするか、どんなスキルが身につくか紹介してきました。 次に、薬剤師のアルバイトの魅力についてお伝えします。

1. 時給が高い!

薬剤師のアルバイトをするメリットとして、時給が高いことが挙げられます。

関東地域の平均時給は約1030円なのに対して、薬剤師の時給は約2000円。 おおよそ2倍になっています。

他に時給が高いアルバイトとして、「家庭教師」「プログラマー」「塾講師」が挙げられますが、それぞれ時給は約1800円、約1500円、約1300円です。

つまり、専門的な知識を活かすアルバイトの中で、薬剤師のアルバイトが最も時給が高いのです。

薬剤師は、国家試験に合格しないとなれない仕事であり、人手不足がなげかれる職種の1つであるため、時給が高くなっているのです。

自分の知識やスキルを用いて、効率的に稼ぎたいという人にはピッタリの仕事でしょう。

2. 柔軟に働ける!

正社員として働かないため、週に何日働くかも柔軟に選べ、また場所に関しても自分の家の近くなどエリアを選ぶことができます。

場所によって差異はあるものの、ドラッグストアや薬局など、働く時間が長く仕事がハードな場所もあります。 働き方が選べない薬剤師がいる中で、アルバイトとして働けば自分に合った働き方を選ぶことができます。

結婚や出産などで柔軟な働き方を求めている薬剤師の方は、アルバイトとして働くのも魅力的な選択肢の1つでしょう。

薬剤師のアルバイトが向いているのはこんな人

薬剤師アルバイトの全体像についてお伝えしてきました。 最後に、どのような人が向いているのかご紹介します。

薬剤師のアルバイトに向いているのは、「資格を活かし効率的に稼ぎたい人」です。

上でも述べたとおり、国家資格が必要ゆえにアルバイトでも高い給料をもらうことができます。

「薬剤師の資格を持っているけど、正社員として週5日働くのは家庭の事情で難しい。」

そんな方には、アルバイトとして働くのがおすすめです。 週2-3日から働くことができ、持っている知識やスキルを生かして働こことができます。

資格を持っていて、週の半分くらいでほどほどにお金が欲しいという方は、薬剤師のアルバイトを選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。