ドラッグストアのお仕事

ドラッグストアのアルバイト

お客様にも自分にも役立つ知識を得られる
ドラッグストア・化粧品のアルバイトの特徴
  • 薬の知識だけではなく、ほかの商品の知識がつく
  • 薬の知識について豊富になる
  • 薬剤師を目指す人にとって勉強になる
  • 短時間でも働けて子育てをしながら仕事ができる
  • お客様に信頼され、コミュニケーションが取れる

ドラッグストア・化粧品のアルバイト・パートを探す

  • 仕事内容

    ドラッグストアでの仕事には、品出しやレジ打ち、商品の棚卸し、店内清掃、接客などといった仕事があります。
    薬剤師の資格があれば、医薬品を販売することができますが、資格を持っていなければ、薬以外の商品を販売します。

    ドラッグストアは一般的な薬局と違い、薬以外の商品もいろいろ取り扱っています。アルコールを含むドリンク類、冷凍食品、お菓子類などもあれば、ペット用品、生活用品、化粧品なども扱います。
    そのためお客様は薬だけが目的ではなく、ほかの商品を買いに来ることも多いので、さまざまな商品に対する知識が必要です。資格を持っていなくても、薬ことを聞いてきたり、化粧品のことなどを聞いてきたりするケースもあるので、それぞれに適切な対応が求められます。

  • 身につくスキル

    ドラッグストアでアルバイトをすることで、薬の知識を身につけることができます。薬剤師としての仕事はできなくても、薬を陳列したり、商品を取り扱ったり、薬剤師がお客様に説明している内容を聞くことも多いので、自然と薬についての知識が身につきます。また、薬だけではなく、介護用品や化粧品も多く置いてあるので、それらの商品に対する知識も深まるでしょう。

    お客様とのコミュニケーションスキルも身につきます。薬や化粧品、生活用品、介護用品などについて詳しき説明を求められることも多く、お客様との密なコミュニケーションを取ることが多いです。そのため、どういった対応をすればいいのか、ということを学ぶことができ、接客技術が身につくでしょう。

    ドラッグストアではお客様からいろいろなことを聞かれたり、相談されたりすることも多いです。お客様に分かりやすく説明をしたり、納得してもらったりする説明が必要なので、会話のスキルが上達します。相手に理解をしてもらえる話術を身につけることができるでしょう。

  • おすすめポイント

    将来薬剤師になりたい、という人にとっては大きなメリットとなるでしょう。薬についての勉強ができ、ドラッグストアについての仕事も把握できるため、薬剤師として仕事をする場合にアルバイトの経験が役に立つはずです。薬剤師になる予定がなくても、薬や化粧品などの知識がつくのは、自分の生活においても役立つでしょう。

    化粧品などのサンプルを試すことができたりするのもメリットです。新商品についての知識も得られるので、美肌づくりにも役立つでしょう。さまざまな美容関連商品も多くあり、ダイエットをする人にとっても、必要な知識が得られます。

    シフト制で休日に仕事をして平日に休む、ということや仕事をしたい時間帯を希望できる、という点もメリットです。

  • こういう人に向いてます

    ドラッグストアでのアルバイトは、薬の知識を得たい人に向いています。さまざまな薬について知りたい人、将来薬剤師を目指したい人にとって、ドラッグストアでのアルバイトは役に立つでしょう。

    希望する時間帯を選べるので、午前中だけ、午後だけ、という仕事の仕方もできるので、子育てをしている母親も働きやすいです。薬剤師など、女性が多く勤務しているので、子どもが急に熱を出した、などといった場合も協力してくれます。子育て中の女性にとっても働きやすい職場です。