全国のアルバイト情報、求人張り紙を探せる!

オープニングのアルバイト・パート求人3,524件掲載中!

オープニングのアルバイトを人気のエリアから探す

オープニングのアルバイトを都道府県から探す

オープニングのアルバイトをから探す

バイトの人間関係が怖い、新しい環境になかなか馴染めないといった人は、オープニングスタッフに応募してみることがおすすめされます。

オープニングバイトでなら他の人と同じタイミングで仕事を始められるので、上記のような問題に悩まされることはなくなるでしょう。

しかし意外とバイトのオープニングを狙っている人は少なく、そもそも存在を知らないという人も多いようです。

そこでこちらではオープニングバイトのおすすめ点や向いている人のタイプをチェックして、その魅力をご紹介したいと思います。

より働きやすい環境でバイトをしたいという人は、この機にオープニングスタッフになることを考えてみてはいかがですか。

オープニングのバイトのおすすめポイント

オープニングのバイトには、おすすめしたくなるようなポイントがいくつかあります。

それらを理解しておけば、他のバイトよりも優先して応募する気になることでしょう。

以下のポイントは働くうえで大きなメリットとなるので、継続したバイトへのモチベーションにもなります。

いつも途中でバイトを挫折しがちだという人は、ぜひ内容をチェックしてみてください。

同期と仲良くなりやすい

オープニングバイトで働くときには、多くの同期といっしょに採用されることになるでしょう。

そのため基本的にはみんな横並びとなり、同じときに仕事をスタートすることになるのです。

それは同期と仲良くなるきっかけとなり、自然と強い連帯感を得られるでしょう。

職場における先輩・後輩といった概念がないため、年齢の差以外はまっさらな状態で関係を始められます。

バイトの人間関係が上手くいかないという人は、オープニングバイトならではの関係性を利用していくことがおすすめです。

職場を作っていく達成感を味わえる

オープニングのバイトは基本的なマニュアル以外は決められていないことが多いため、店内のローカルなルールはスタッフが作っていくことになります。

そのため働き続けることで、職場を育てていくような達成感を味わうことができるでしょう。

「もっとこうした方がいい」といった意見が通りやすいので、本当にバイトスタッフのためになる職場を作ることも可能です。

理不尽なルールや昔から続いている古臭い決まり事に嫌気が差すタイプの人は、オープニングスタッフとして働くことがおすすめされますね。

将来的に働きやすい環境になる

オープニングからバイトとして働いていると、そのお店での古株となることができます。

それは後輩が入ってきたり別の店長に変わったりしたときも、自分らしい働き方をする地盤になることでしょう。

こまめにバイト先を変えることは、時間的にも精神的にも負担となっていきます。

お金を貯めるにしろ就職を考えて働くにしろ、できるかぎり同じ職場に居続けることは重要なポイントとなるのです。

そういったことを考慮して少しでも長く1つのバイト先で働き続けたいのなら、オープニングの仕事は狙い目となりますね。

オープニングのバイトってどんな仕事が多いの?

オープニングバイトの魅力が理解できたなら、次はそういった募集が多い仕事の種類を確認してみましょう。

あらかじめ仕事を絞ることができれば、オープニングスタッフへの応募につなげやすくなります。

オープニングのバイトはとても人気なので、うかうかしていると募集が終了してしまうこともよくあるのです。

出遅れることのないように、この機にオープニングスタッフをよく募集するバイトを確認しておきましょう。

コンビニ

出店数が多いコンビニは、頻繁にオープニングスタッフを募集するバイトの1つです。

ネットや情報誌からでも、比較的簡単に募集を見つけることができるでしょう。

コンビニならある程度のマニュアルが完成しているため、オープニングでもそれに沿って働くことができます。

初めてのバイトであっても問題ないので、コンビニは優先してチェックしてみることがおすすめです。

コンビニのオープニングでは他店舗からの応援がくることもあるので、経験を積んでいる先輩から一時的に仕事を教えてもらうこともできます。

その後に響かない関係であるため、コミュニケーションが苦手な人でも気楽に指南してもらえるのも特徴ですね。

飲食店

コンビニと並んで出店数が多く、かつ多くのスタッフを必要とする飲食店もまた、オープニングのバイトを探す際には要チェックとなります。

同期と共に協力して仕事をすることになるため、同じ立場からスタートできるというメリットが大きくなるのも特徴。

職場に快適な環境を求めるのなら、飲食関係の職業でオープニングスタッフを狙ってみましょう。

飲食店では仲間との会話や連携が重要視されることから、どうしても充実したコミュニケーションが求められていきます。

そういった関係を途中から作るのが苦手だという人は、オープニングの段階から仕事を始めてみてください。

書店

近年は大型書店がオープンする機会も増えてきているので、こまめに探していけば魅力的な求人に出会えるかもしれません。

書籍関係の職業は長く働くことがスキルの習得につながっていくため、特にオープニングバイトの重要性は増してきます。

オープニングスタッフという実績を買われて、大切な仕事を任されることもあるでしょう。

それは当然バイトのモチベーションを高め、より気合を入れた働きを実現します。

本が好きだったり、書店の雰囲気に憧れがあったりする人は、書店のオープニングバイトで長く働ける職場を確立してみてはいかがでしょうか。

オープニングのバイトが向いているのはこんな人!

オープニングバイトは通常のバイトとは違い、さまざまな特殊要素がそろっています。

そのためその人の性格や考え方によっては、職場に馴染めないという可能性もあるのです。

自分がオープニングバイトを続けていけるかどうか知るためにも、以下から向いている人の特徴をチェックしてみましょう。

仕事に自信を持つことができれば、バイトの時間を楽しく過ごすことができます。

応募してから後悔することのないように、この機にオープニングバイトに向いていることを確認していきましょう。

新しいコミュニティに入るのが苦手な人

オープニングバイトの1番のメリットといえば、やはり他のバイト仲間たちと同時に仕事を始められるという点です。

まだバイトのなかの人間関係が完成していない段階なら、比較的友人を作りやすく、良い職場環境を構築しやすいといえるでしょう。

そのため新しいコミュニティに入ることが苦手だという人にとっては、オープニングバイトがうってつけとなるかもしれません。

いつもバイトの雰囲気に馴染めない、人間関係を理由に辞めてしまうという人は、オープニングからの応募がおすすめです。

率先して動ける人

オープンしたばかりバイト先は、まだまだスムーズに働けるようなルールや環境が整備されていません。

そのため自分から率先して動いていけるような人の方が、オープニングバイトに向いているといえるでしょう。

上司や先輩からの指示を待つのではなく、「ここはこうするべきかも」といった積極的な考え方ができないと、オープニングスタッフとして活躍するのは難しいかもしれません。

採用されたときはなるべく自分から動くことを意識して、職場に貢献していけるように考えを巡らせて行きましょう。

職場にアイデアや改善点を提示していける人

基本的にオープニングのバイトは、さまざまな面に不安定な要素を持っています。

そのためときには問題が持ち上がったり、トラブルが起きたりといったこともあるでしょう。

そこで自分のアイデアや改善点を提示していける人は、職場で重宝されることになります。

常に仕事場を良い方向に進めていこうと思える人こそ、オープニングのバイトに向いているといえるでしょう。

もしオープニングスタッフになりたいのなら、「自分ならどうするだろうか」といった視点を持ち続けることを忘れないでください。

オープニングのバイトで得られる経験

オープニングのバイトを行うことで、人はたくさんの経験を得ることができます。

それらは将来的に自分自身の魅力となり、就職や起業といったことにまで影響する可能性があるでしょう。

これからオープニングバイトを始める場合は、そういった経験を大事にできるように、意識しながら働いていくことがおすすめされます。

オープニングのバイトだからこそ味わえる経験を吸収して、自分自身を高めていきましょう。

1から環境を作っていく面白さ

オープニングバイトには、そこにある多くのものを1から作っていく面白さがあります。

スタートから1歩1歩進んでいく感覚は、今後において良い経験となるでしょう。

自分を含めたオープニングスタッフの努力次第で店舗が変わっていくため、責任感と共に達成感を味わえます。

職場に貢献していけるという面白さは、オープニングバイトで働くのならぜひ知っておきたい感覚になり得るでしょう。

特別な立場になる楽しさ

バイトにもいくつかの役職があり、能力が認められれば特別な立場に任命されることもあります。

しかしすべての人がそういった立場になれるわけではなく、通常のバイトをしているだけでは特に目新しい経験ができないということも多いです。

その点オープニングバイトなら、「最初からこの職場で働いている人」という立場になるため、将来的には特別な存在の一部として認められることができます。

それはバイトの楽しみにつながり、仕事を続けたいと思うきっかけになっていくでしょう。

バイトで特別な立場になるという経験を通して、その後の仕事のクオリティを上げられるように意識してみるのもおすすめです。

職場を立ち上げる大変さ

新しい職場を立ち上げるということは、多くの努力や時間を要することでもあります。

そういった大変さを経験することもまた、オープニングバイトならではのメリットだといえるでしょう。

職場に最初から携わってきたという実績は、将来自分で店舗を持ったときや、独立して働くことになったときに役立ちます。

オープニングで働くことはもちろん大変なことですが、そこにある貴重な経験をしっかりと獲得して、未来にとってのプラスに変えていけるようにしてみましょう。